ブログタイトル変えました。「原宿四コマ研究所」→「たわみ」


by technicalterm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

宿題手伝います

小学生の課題を手伝ってきました。

なかよく魚図鑑を作ろう

読み返してみると「手伝ってきた」というよりも「邪魔してきた」の方が正しいような気がしますね。これ。記事が公開された後、お母さんからこんな画像を貰いました。

b0116425_17541229.jpg


「邪魔された」という認識でなかったようで、ほっと一息。「はしゃぎました」の一言に救われます。

---
それからこの工藤さんのイラスト、ちょっとやり過ぎたかなあと思いました。工藤さんを悪そうに描いたらデイリーいちの自信があります。
b0116425_17561319.jpg

[PR]
by technicalterm | 2010-08-29 17:55 | 川口日記
デイリーポータルのエキスポに参加してきました。「ジャミラからちょんまげ輪投げまで(DPZエキスポご報告)」

--

僕の出し物は、古書店・「斎藤堂」。家にあるありったけの本を持っていった。
(編集部ツイッターより、写真)

「お店自体はヒマで、その分読者の方といろいろ話したり交流できたら良いなー」と思っての古本屋だった。商売そっちのけでお客と話し込んでいるような、ダメ古本屋店主のイメージ。そしてそのダメ店主っぷりは狙い通りに遂行されました。楽しかった。


なんだかんだ言って本もたくさん買ってもらえた

しだいに好き勝手なことをやりだす。 マッサージとか。ところで、「貝殻骨」ってのは肩甲骨の俗称ですね。医療or生物関係の方だったのかな。

石川さんのデコメも手伝っていました。かなり盛況だった。

--

この後、軽く打ち上げに参加して帰宅。帰り道で運良くライターの櫻田さんとツーショットになれたのが、今回の一番の思いでだったかも。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-24 22:45 | 川口日記

松屋のカレーうまい

松屋のカレーうまい、という記事を書きました。

牛丼屋でカレーを食べ比べる

「言われてみるとたしかにその通りかも!」、という反応をネット上でいくつか見かけた。共感が高いかわりに、新しい情報も独自の視点も特にありません。切り取り方を限定しただけ。まあ、今回はそういう記事です。全然役にたたなくて自分ではわりと気に入っています。

あと、らんぷ亭のことが頭からまるっきり外れていた。びっくりだ。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-22 02:02 | 川口日記
このブログでリラクゼーションの告知をしてからだいたい1ヶ月たった。この1ヶ月の集計をしてみたら当初の予想よりもずっとたくさんの人に来てもらえていて、びっくりしている。

--

まず驚いたのが、まるっきり一人暮らしのワンルームでの施術にもかかわらず、来てくれているのは、ほどんどが女性ということ。意外な気がしたが、自分の身体の好調・不調に興味があるのは一般的には女性が多いかもしれない。男性は、一々面倒な予約をとって遠くまで施術されに行く、という意識は薄いのだろう。

---

そして、遠くから来てくれる人の多さ。電車で1時間・2時間かけて来てくれる人が多い。告知はインターネットでしかしていないから、近所の人は集りようがないわけだけれど、やっぱりありがたいことだ。その2時間かけて電車を乗り継いでくる間に一体いくつの治療院があるのだろう、ということを考えると僕は気が遠くなる。

この間はなんと大阪から来てくれた人がいた。もちろん、東京観光のついで、ということでウチのためだけに来たわけじゃないけれど。こっちがお金を払おうか迷ってしまうくらいだ(いや、迷ってないですちょっと言い過ぎたごめん)。

----

そうしたハードルを乗り越えて来てくれる方は、僕の施術をめちゃくちゃ面白がってくれる。確かに、実際かなりの改善が見られていると思う。

施術したお客さんを駅まで送って行く。その時にほどんどの人にびっくりしてもらえる。「何コレ歩いていて足が滅茶苦茶軽い!」「背筋伸びて立つのがラク!」実際に歩く時によく解るのだ。

「そうそう、良いバランスだと、立つこと、歩くこと自体が楽しいんですよね」なんていかにも先生然とした偉そうなことを言ってしまう。いや、気をつけなきゃ、謙虚に行かなきゃなー、と思いつつ、この瞬間が最高に楽しい。フフフ。

----

と、今のところ、こんな風な途中経過。やる前は不安が先に立っていたけれど、良い人がたくさん来てくれて本当にありがたい。これからもこの調子で続けていきたいな。

予約はこちらから
[PR]
by technicalterm | 2010-08-15 22:46 | 川口日記

どうすりゃいいの

人生の問題って答えが無いよね。ウンウン。僕は最近そんな悩みにとりつかれているよ。ホイホイ。ということでこんな記事を書いてしまいました。

「河原の石で神経衰弱をする」

3p目(嘘のページ)で靴の色が変わっているのが伏線になっております。家に一度帰っているという伏線ね。それがなんだ、と言われるとなんでもないんですが。

b0116425_2313343.jpg
にしても、笑ってごまかすのって難しいな。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-14 23:13 | 川口日記

日高屋の怪

今日、西川口の日高屋で昼食を摂ろうとしたところ、奇妙な光景を見かけたのでそれについて書きます。

---

12時30分くらいの日高屋。カウンターにおっさんが来て、ビールと何かツマミを注文。そして店員のおばちゃんが瓶ビールを持ってくる。

いや、持ってきたのはビールとグラスだけではない。なにか粗末な作りの箱をおっさんのところに置いた。ボックステッシュ半分くらいの大きさの箱だ。
「おお〜大分たまってるじゃねえか〜!」
驚喜の声を上がるおっさん。覗き込むと、ビール瓶の蓋が箱一杯に入っていた。

そしておっさん、ビールを片手にチビチビやりながら「これは…柔けえんだよな」等と言いながら一つ一つビール瓶の蓋を指で二つに折るように潰している。さらに細かく観察するとビール瓶の蓋にも「柔らかいやつ」と「硬いやつ」があるらしく、そのおっさんは箱の中から柔らかいやつだけを選り分けて潰しているのだった。

おっさんの何かをいとおしむような恍惚とした表情。そして当たり前のようにビール瓶の蓋を用意するおばちゃん。日高屋って一体何だ?訳がわからない。気がつくと僕は、すったて胡麻つけ麺を食べ終えていた。1.5玉分もあるのに!目の前の不思議な光景に動揺して、一気に食べてしまったのだ。味わうの忘れた!おっさん、俺のつけ麺返せ!

-----

西川口すごい。奇妙な欲望と、それに協力的な日高屋のおばちゃん。外に出ると、西川口の駅前ロータリーには陽炎がぼんやりと上がっていた。暑い夏の、真昼の出来事の話だ。

----

(ここから先は追記)
このブログを読んだから方から「この二人は夫婦なのでは」という意見を頂いた。ああ、確かにそうかもしれない。

---

するとこの夫婦のやっていることはかなり計画的になる。この夫の奇妙な趣味を遂行させるために、妻を日高屋のパートに勤めさせたに違いないからだ。


家で消費するビール瓶のフタだけでは限界があるだろう。夫はもっともっとたくさん潰したい。やがて欲求不満になり妻にあたりだす訳だ。

酔っぱらいながら「もっとビール瓶のフタ持ってきやがれ!」「こんな時間にもう酒屋さんは閉まっていますよ」「バッキャロー!酒屋なんざ叩き起こしてでも持ってこい!これが潰さずにいられるか!」

こんな日々が続いて、妻は瓶のフタを24時間安定供給できるパート先を探すのであった。そして辿り着いた先が日高屋。そして全てが丸く収まった。

---

多分これが真相だ。なんでも深く長く考えてみると色々と思いつくものである。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-08 00:18 | 川口日記
サッポロ一番が小さい頃から大好きだ。あの全てを包み込むような味。塩・醤油・味噌・豚骨…全ての味が麺と完璧な調和を果たしている。好き好き大好き、サッポロ一番。

スーパーに行ったらサッポロ一番の担々麺味(すわ新製品?!)が売っていたのでこれもさっそく購入した。その日のうちに食べた。これも旨かった。ああ… 明日も食べたい。でもあんまりしょっちゅう食べていると栄養が偏るかしら…ああ…悩ましい…でも悩んだあげく食うかもな。

サッポロ一番は僕にとって信頼のブランドだ。サッポロ一番と名のつくものは全部旨い。サッポロ一番のスパゲティーがあったら?そりゃきっと旨いに違いない。サッポロ一番のスナック菓子は?それも旨い。サッポロ一番のトートバッグは丈夫で軽い。サッポロ一番の家具はシンプルでどんな部屋にも調和する。

「サッポロ一番」という言葉が抽象的なので、何にだって付くのだ。「無印良品」みたいに。

そういえば「無印良品」っぽい部屋があるだろう。家具が無印良品で買いそろえたような(実際には無印良品のものかどうかはどうでも良くてそれはイケアかもしれない)家具とか小物ばっかある部屋が。きっとたまのオフにはベージュっぽいソファーの上で白いマグカップでチャイを飲んだりするのだ。そこには森ガールみたいな白っぽいシンプルだけれどふわふわな女の子が住んでおる。

無印だとこのようにどことなく鼻につくが、そこんとこいくと「サッポロ一番」ブランドは良いものですよ。なんだろう、家具にしても雑貨にしても野菜とよく合う気がするんだよな。モヤシとかチンゲンサイとか安くて栄養のある野菜がたくさん摂れるような、そういう部屋になるよ。ヘルシー、エコ。西武デパートに入っている「サッポロ一番」ショップで新生活一式セットを買うとさ。

そこには森ガールはいないけれどおれは住めるのだ。サンヨー食品は手をこまねいている場合ではない。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-05 23:11 | 川口日記

酒をみんな自制している

「麦とホップ」というビールみたいな感じの美味しい飲み物が近所のスーパーに行くと120円くらいで売っている。
美味しさを考慮すると、ほどんどタダみたいな値段。普通に勤めて収入のある人なら、自分の限界量以上の「麦とホップ」を買うことは簡単だ。いや「麦とホップ」は例えで、「鬼殺し」でも「ビッグマン」でも何でも良い。

こんなにお酒が安く売っているのに、この日本の社会の中でアル中にかかってしまう人はほんの一握り。よく考えると酒好きな人の自制心凄い。

ここのところ、毎日ものすごく暑い。昼休みにランチビールでもしたら最高に旨いんじゃないかと思う。コンビニでも「麦とホップ」は140円くらいで売っている。たった140円!この値段、夏の日差しの前でなんの障壁にもならない。350ミリ缶1本飲むぐらいなら、多分昼休みが終わっても同僚に酒を飲んでいたってバレないんじゃないかなと思う。午後の業務にも別に支障は出ない、別に内勤だし、車に乗ったりしないし。

でも、昼間っからその辺の公園でサラリーマンが缶ビールプシュ!ってやっているところって見ないよね。みんな自制しているんだ。凄いことだ。

----

この話は何かと言うと、このニュースを見て思ったことです。
[PR]
by technicalterm | 2010-08-03 22:30 | 川口日記
カキ氷を食べるのにうってつけの街・熊谷

タイトルの「うってつけ」がサリンジャーに触発されたものだと誰が気づくだろうか。記事の内容と全然関係ないし。

最近、簡単な紹介記事が続いているのでここら辺で一発変なことをやりたいなあ、と思っております。

-----

あとこの記事とは全然関係ないですが(要は宣伝なんですが)、営業中の施術も好評です。8月は営業時間を拡大して木曜日も営業致します。暑い日が続く毎日、この辺で一度身体をリセットしてみては?気持良くて楽になるよ。

予約はこちらから
[PR]
by technicalterm | 2010-08-01 23:48 | 川口日記